HOME > 研究開発

研究開発

水素化マグネシウム(MgH2)大量生産方法の開発

 資源問題や環境問題が深刻化する中、究極のクリーンエネルギーと言われる水素が注目されている。 弊社は水素利用の弱点である「貯蔵」と「運搬」の問題を克服するため、水素を安全かつ効率よく貯蔵できる「水素化マグネシウム(MgH2)」に着目し、研究を進めました。 その結果弊社は、MgH2の工業生産に世界で初めて成功致しました。

水素吸蔵合金の製造・販売
MgH2(マグ水素®)製造装置と利用製品の開発・販売

 水素化マグネシウムより取出した水素を、マグ水素® と呼んでおります。 当社では、マグ水素を製造する装置およびマグ水素を利用した製品の製造、販売を行っております。

マグ水素製造装置と利用製品の製造・販売
木質系バイオマスから高濃度水素製造・回収技術の開発
2009年度 環境大臣賞受賞

 バイオマスの熱分解により生成するタールをアルミナ固体の表面で迅速に分解し、バイオマスをタールフリーの燃料ガスと炭化物(バイオコーク等)に転換する、パイロコーキング技術を開発した。 バイオコーク等は、自重の20%以上の水素を発生させる特徴を有し、安価で容易に運べる有望な水素源として期待できる。 さらに本事例では、北海道下川町森林組合等と協力して、木質バイオマスをその集積サイトにおいて燃料として利用しながら、同時にバイオ燃料需要地に供給可能な高品位燃料と素材も生産する、コジェネレーションシステムを構築しました。

 本技術は、 2009年度の環境大臣賞を受賞しています。

Pyrocoking E2 .jpg